2014年日本の飲料パッケージ市場のトレンド

Download as MP3

世界第3位の規模を誇る日本の飲料パッケージ市場全体は、2014年僅かながらも増加しました。国内飲料パッケージ市場では飲料缶の需要が最も高いものの、飲料缶から他の飲料容器へのシフトが進んでいます。飲料パッケージ市場のトレンドにはそのほか、環境に配慮したサスティナブル容器の開発や小容量サイズへのシフトが見られました。ユーロモニターインターナショナルのリサーチアナリスト本間彩子が日本の飲料パッケージ市場のトレンドについて解説します。