fbpx

買収でアジアに攻勢をかけたキリン (Kirin Embarks on Business Expansion in Asia by Merger)

ユーロモニターのリサーチ・アナリスト 谷口憲太郎が、先日発表されたキリンによるフレーザー・アンド・ニーブ社(F&N)の株式13%取得について解説します。キリンは、どのようにしてF&Nが持つ生産、市場そして流通のネットワークを活用できるのでしょうか。

今年初めにサントリーとの合併を発表したキリンですが、決裂におわりました。両社とも世界展開が弱かったこの合併計画と違い、今回のF&N株式取得では海外事業の発展が期待できます。特に、F&Nが筆頭株主であるアジア・パシフィック・ブルワリーズ(APB)は、13カ国に36製造工場を持っており、キリンはAPBを通じてコアビジネスであるビール事業の強化が可能となります。また、APBの株主であるハイネケンは、キリンとも提携をしています。同社と良好な関係を構築することによって、ビール市場の拡大が予想されるインドなどの国でビジネス展開が望めるでしょう。

キリンは合併をビール事業の増強と捕らえているようですが、F&NのaLiveブランドを通じたヘルス&ウェルネス製品の開発や、シンガポールとマレーシアで既存のF&N流通網を利用したキリン製品の販売など、他事業でもメリットが考えられます。

English Translation:

Kentaro Taniguchi, Research Analyst at Euromonitor, discusses Kirin’s recent acquisition of a 13% market share of F&N. Taniguchi explains how Kirin will be able to use F&N’s existing network to manufacture, market, and distribute their brands locally. Kirin originally planned to merge with Suntory earlier in 2010, but was scrapped. Neither company had a global reach.

The acquisition will help Kirin’s core beer business because of F&N’s majority stake in APB, which has 36 breweries in 13 countries. Kirin can ride on APB to expand overseas, beyond it’s core Japanese market. Also, APB’s other large shareholder is Heineken, which Kirin has recently strengthened its ties with. Good partnership with Heineken would give Kirin access to India, another part of the world with strong growth potential. Although Kirin seems mainly concerned with its beer market, it can expect to benefit from the acquisition in other ways:

• Working with F&N’s aLive brand to produce new health and wellness products
• Distributing products through F&N into Singapore and Malaysia

Watch this video on  View our YouTube Channel

About Our Research

Request a complimentary demonstration of our award-winning market research today.