都市部のミレニアル・Z世代の動向と関連するビジネスチャンスを読み取る

※本記事は英語でもご覧頂けます:Understanding Urban Millennials, Gen Z and the Opportunities They Offer

2019年、中国ではミレニアル世代(1980~1994年の間に生まれた人々)とZ世代(1995~2009年の間に生まれた人々)の合計が総人口のおよそ40%を占めました。また、同国の都市人口は総人口の約60%でしたが、2025年には65%まで増加することが予測されています。

中国の人口動態や人口の趨勢が変化するに伴い、都市部のミレニアル・Z世代という特定の消費者セグメントが注目を集めるようになりました。彼らの動向は、中国の消費者市場の見通しを形成する最も重要な要素のひとつといわれています。彼らのデジタルの利便性や買い物へのこだわり、ライフスタイルに対する姿勢は、いくつかの産業では成長の推進力となり、新たな市場機会も提供しています。

都市部のミレニアル・Z世代が生まれ育った社会経済的な環境は、中国の経済成長の恩恵にあずかる機会が多いという点で親世代を含むこれまでの世代と異なっており、そのような環境で育った彼らには次のような特徴が見られます。国内企業やブランドを誇りに思う、スマートフォンに強い愛着を持つ、追加料金を払って高価格帯商品やおしゃれな商品を選ぶ、「おひとりさま」の楽しみにお金をかける、特に赤ちゃんやペットのために高品質商品を求める等です。

当社のレポート「How Chinese Urban Millennials and Gen Z Live and Spend」では、この特徴的かつ重要な消費者層を表す主要3テーマと8トレンドに焦点をあてながら、現地および世界中の企業に向け、中国都市部のミレニアル・Z世代のもたらす市場機会の獲得に寄与すべく、彼らの動向を読み解くお手伝いをしています。

1.どこからでもアクセス可能なデジタルの利便性
• スマートフォン中心の生活
• 「インフルエンサーについていく」
• 自宅での快適さと利便性

2.強まる買い物へのこだわり
• プレミアム化:大都市と小都市
• 「メイド・イン・チャイナ」の再定義

3.現代的な都市部での生活
• ペットは家族の一員
• 安全性重視の子育て
• 「おひとりさま」の楽しみ方

新型コロナウイルス(COVID-19)がもらたした影響は、中国の消費者を惹きつける新たなビジネスチャンスにもつながりました。中国進出や同市場での戦略的事業展開を検討している企業は、パンデミック収束後の時代に向け、上記のテーマやトレンドを把握したうえで対策を練る必要があります。

例えば、「インフルエンサーについていく」というトレンドをCOVID-19に関連付けて考えてみると、パンデミック期間中に消費者が自宅で過ごす時間が増えた結果、Eコマースが普及しただけでなく、ソーシャルメディアキャンペーンやライブストリーミング等、消費者と関わるための新しいマーケティング手法があらゆる業界でより人気を博すことが予想できます。

効果的なライブストリーミングでは、包括的な商品説明や消費者とのリアルタイムの対話を行うだけでなく、主要なインフルエンサーの影響力を活かした「おすすめ」や特別割引を用いてより多くの消費者を惹きつけています。また、デジタル時代の消費者を取り込むためにはオムニチャネルマーケティングが必要不可欠です。とりわけ、アパレルやフットウェア業界、ビューティー・パーソナルケア業界の企業やブランドは、中国の消費者の重要な購買チャネルである「WeChatミニプログラム」やショート動画、ライブストリーミングに重点を置く必要があるでしょう。

より詳細な分析は、当社のレポート(無料)「How Chinese Urban Millennials and Gen Z Live and Spend」をご覧ください。

上記レポートの著者は以下の通りです。

Leo Chen, Senior Analyst

Kelly Tang, Senior Analyst

Miranda Zhou, Senior Analyst

Mia Chen, Research Associate