消費者メガトレンド:健康的なライフスタイルを求める消費者たち

現代の消費者がもつ健康概念は大きな変化を遂げています。健康的であることは、消費者のステータスシンボルとなり、消費者は健康的なライフスタイルをアピールポイントとして、自分自身のブランドイメージをマーケティングするようになっています。健康であることを考えるとき、消費者の関心は、単にフィジカルな側面からの健康だけではなく、ライフスタイル全体での健康さへと変化しています。

例えば、環境への取り組みは、日本ではCSRの一環と考えられるケースが多いですが、世界では実際の売上に寄与するものになっています。環境への取り組みという、企業にとって費用対効果が低く、限られた消費者にしか求められていないと思われてきた分野において、何故このように大きな変化が生まれたのでしょうか。また、プラスチックごみやエシカルな商品は、消費者の健康的なライフスタイルとどのような関係があるのでしょうか。

新しい健康観において求められるものと避けられるもの

健康観の変化に伴い、消費者が求める商品にも変化が表れています。今までポジティブに捉えられていた商品が急速に売上を落としている一方、以前は少数派にしか受け入れられないと思われていた商品が、シェア争いにおいて上位に名を連ねるなど、飛躍的な成長を見せています。

消費者における健康観の変化が消費に及ぼす影響は、飲食料品だけではなく、様々な産業で、世界的に見られています。アパレルやジュエリーといったファッションの分野から化粧品・トイレタリーといった分野まで、消費者自身の外見や印象を表現する場面において、「健康的であること」は強いアピール力を持つようになり、消費者に健康的と判断される商品が、実際に今後も売り上げを伸ばしていくと考えられます。また、家具・家電の分野では、新しい健康観において、例えば、ストレス軽減といった、忙しい現代の消費者が課題に感じている部分に対してソリューションを提供している商品が急成長しています。

これからの世界を牽引するトレンド-「メガトレンド」

先に述べた健康概念の変化は、どこか特定の国だけで見られる一過性のものではなく、国境を越えてグローバルで長期的に見られるトレンドです。また、健康概念の変化が与える影響は、一つの産業だけにとどまらず、例えば食品・化粧品・家具、といった、一見関連性のない産業や、商品の種類や利用シーンが異なる商品群においても見られます。このような、国境や産業の枠を越えて、2030年、あるいはその更に先にまで長期的に消費に影響を与えるトレンドは、メガトレンドと呼ばれています。メガトレンドは避け難く、止め様がない大きな潮流であり、今この瞬間にも世界の様々な市場に影響を与えています。

世界的な健康概念の変化が消費に与える影響とは?

世界の消費者に影響を与えているメガトレンドとは何か。現在、そして今後も世界の消費者が求め続けるものは何か。最新の日本語Webセミナー(録画版)『消費者メガトレンド:健康的なライフスタイルを求める消費者たち』では、これらの疑問に、健康という切り口から答えていきます。メガトレンドの背景には、消費者意識の変化や、経済・環境の長期的な移り変わりがあります。消費者は何に後押しされ、健康的なライフスタイルを求めるようになったのでしょうか。

本セミナーでは、当社が特定した8つのメガトレンドのうち、昨年当社が東京で主催したメガトレンドセミナーにおいて、参加者の皆様から最も強い関心を得た「ヘルシーライフ」についてご紹介します。セミナー前半では、消費者の健康概念がどう変化してきたか、そして、その要因について解説します。新しい健康観においては、消費者が求めるものも変化を遂げています。また、健康は現代のステータスシンボルとして、消費を大きく動かす力を持っています。

セミナー後半では、飲食料品・化粧品・ファッション・フィットネス・家具・家電など様々な産業から、世界の最新事例を通じて主要トレンドをご紹介します。また、メガトレンドは一つ一つが独立しているわけではなく、相互に影響し合っています。本セミナーでは、日本が遅れをとっているエシカルの分野についても触れます。世界では何故こんなにも注目を集め、企業のCSRという枠組みに収まらず、消費を動かす原動力になっているのか、そして、それが健康的なライフスタイルの拡大にどのように寄与しているのかを分析します。

 

Webセミナー『消費者メガトレンド:健康的なライフスタイルを求める消費者たち』のご視聴はこちらから:https://bit.ly/2TqDHo1