オンライン上の評価・レビューから消費者満足度をモニタリングする

この記事はこちらの無料レポートに関する内容になっております。E-commerce Ratings and Reviews Analysis in Anti-Agers, October 2020 -March 2021

※本記事は英語でもご覧頂けます:Monitoring Consumer Satisfaction Through Online Ratings and Reviews

今日、メーカー企業や小売業者は、ますますダイナミックになりつつあるEコマース市場の中で競争している。そのため、オンラインでの商品に対する評価やレビューを通して消費者のエンゲージメントや満足度を理解する必要性がかつてないほど高まっている。

本レポートでは、Eコマース市場における商品の評価とレビューに焦点を当て、ブランド戦略や企業戦略をより効果的に計画・実行するために、企業が異なる様々な部署・機能において考えるべき重要な質問を紹介していく。

新型コロナウイルス(COVID-19)の発生により行動規制や予防措置が講じられる中、消費者行動も根本的に変わった。それを受け、Eコマースは成長を続けている。

FMCG製品の評価やレビューをオンラインでモニタリングすることは、効果的なEコマース戦略や戦術を決定するために、ますます重要になりつつある。まずはじめに、特定の製品カテゴリーおよび市場国において重要な評価・レビューの指標を知り、ベンチマークすることが必要である。

今回、米国市場のアンチエイジング製品を対象に、ユーロモニターのグローバルEコマース市場モニタリングプラットフォームであるViaを使用し、何百万ものデータを毎日抽出し、相互比較を画一的に実施した。その結果、どのメーカー、ブランド、そして製品の健康訴求が高い割合でレビューされているか、また消費者がそれらの製品をどのように評価しているかが明らかになった。

2020年10月1日から2021年3月31日までの期間、米国のEコマース市場内で販売されているビューティー・パーソナルケアのアンチエイジング分野を対象に、549,895の製品(SKU)を調査したところ、以下のような知見が得ることができた:

調査を実施した6か月の中でアンチエイジング製品を対象としたレビューが最も増加したのは、12月と1月であった。

今回の調査結果をみると、ビューティー・パーソナルケア業界の大手企業の中で、SKUへのレビュー投稿率が最も高かったのはProcter & Gambleであり、また、加重平均評価も同社が最も高かった。

同調査期間中、主要ブランドの中でレビュー数が最も増加したのは、 Johnson & Johnsonの「Neutrogena」と、TruSkinの「TruSkin」であった。

また、最も多くのレビューを獲得したのは「抗酸化」、「うるおい補給」、「肌の健康」を訴求したSKUであった。また、最も高い評価を獲得したのは「プレバイオティクス」、「カルシウム強化」、「アーユルヴェーダ」を訴求した製品であった。

ビューティー・パーソナルケア分野のEコマース上における評価・レビューの傾向と、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかについて詳しく知りたい方は、最新のレポートをご覧ください。また、Viaがカバーしている他の製品分野、市場国、Eコマースサイト、メーカーに関する情報や、評価・レビューの分析に関するご質問は、弊社ウェブサイトでViaの詳細をご覧いただくか、デモをご依頼ください。日本語でのお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

その他の日本語記事はこちらからご覧頂けます。

(翻訳:横山雅子)